水前寺公園ドットコム(観光・ビジネスホテル・旅館)
水前寺公園ドットコム  TOP 水前寺成趣園 水前寺近辺の見所

Alternative content

Get Adobe Flash player




水前寺成趣園のご案内
 全国でも有名なこの庭園は、もともとお茶屋と呼ばれる細川藩主の休息所であった。寛永9年(1632年)肥後の領主となった細川忠利が築造を開始し、孫の綱利のときに桃山式庭園が完成した。東海道五十三次を模した芝山や泉水に浮かぶ小島、富士山に見立てた築山の周りは手入れが行き届いており、四季折々に訪れる観光客の目を楽しませてくれる。
古今伝授の間のご案内
 古今伝授の間は、細川藤孝が慶長五年(1600年)、後陽成天皇の弟桂宮智仁親王に「古今和歌集」の秘伝を伝えたことから、その名の由来がある。水前寺成趣園の正面に建つ、茅葺きの風雅な茶室。この建物は、もともと京都にあって長岡茶室と呼ばれていたが、明治時代に入って細川家に返還され、大正元年(1912年)に現在の水前寺に再建された。杉戸の「雲龍」は狩野永徳、そして襖の「竹林七賢」は海北友松の作と伝えられている。